テープ起こしとは?

テープ起こしとは、音声を文書にしていく仕事です。文字起こしとも呼ばれます。そのほかに音声反訳、原稿起こし、ICレコーダー起こしといった呼び方があります。
録音された音声を聞き取ってワードやテキストファイルなどを利用し文章にしていきます。多くの人は専用のソフトを使って文字起こしをしています。
主婦やサラリーマンの副業としても人気の高い仕事です。

利用用途はさまざまです。
例えば会議録を作ったり、裁判の記録を取ったりといったことに使えます。打ち合わせの音声を文字起こしすると、打ち合わせの内容がよくわかるので便利です。

一番ポピュラーなのはインタビュー音声の文字起こしです。雑誌やWeb媒体に掲載されているインタビューは、誰かが音声を文字起こしすることでできあがっています。

聴覚障害を持っている人の横で、会議や授業などで話されていることをノートに筆記して伝えるという仕事もあります。これはノートテイクと呼ばれます。

ノートテイクと同じように聴覚障害の人の役に立てる文字起こしとして、要約筆記があります。講演会の音声を透明なシートに書き起こし、スクリーンに表示することで耳の聞こえない人にも情報を提供する仕事です。

 

おすすめの記事